本文へスキップ



特定非営利活動法人  ライフサポート 青森

みなさんが笑顔ですごせる老後をサポートします

                           
老後のライフプランを考えましょう


「万が一の時、頼れる親族がいない。家族には迷惑をかけたくない。」  
  当法人にはこのようなご相談が数多く寄せられています。
  人生の後期を自分の意志どおり実行するためには、
  お元気なうちにしっかりと検討し、取り決めをしておくことが重要です。


 
①生活支援 ②身元保証支援 ③葬送支援

  上記の3点を重要視し、個人個人の必要に応じたサポートをしております。

  • NPO法人とは・・・特定非営利活動促進法」により定められた特定非営利活動法人のこと。 市民団体によるボランティア活動をはじめとする社会貢献活動を行う営利を目的としない団体。         
  • ライフサポート青森の目的  
  • 高齢者や障害者の暮らしが守られ、豊かな生活を実現できるよう、身元保証の引受けを軸に、葬儀や相続等の死後事務処理に関する支援や相談等を行うことで、高齢者・障害者の生活を支援し、人権擁護を図るとともに、広く社会福祉の増進に寄与することを目的とします。 (定款より抜粋)
  • 今月のメッセージ                          
    •  会報誌「は~とネット」8月号より

            高齢化社会の到来とライフサポート


       人生65年はひと昔前のこと、我が国はこれからは人生90年時代の長生社会に進んでいます。

       毎年、敬老の日には全国100歳以上の高齢者人口調査(厚生労働省)が行なわれますが、昭和47年以降毎年増加し、昨年度は7万人近くとなり慶賀至極であります。本県でも男女合わせ1200名を超え「医療の進歩や健康志向への高まりが顕著になった結果」と見られています。

       この「高齢化社会到来」の現状に対処し生活支援、身元保証支援、葬送支援の3本を柱として、心を込めたさまざまな支援を行政機関、関連団体との連携を図りながら会員の皆様へ提供する仕組みがライフサポートの根幹であります。

       この支えが「会員に、より安心できる生活を提供することが出来ることとなる。」を念として日夜活動しております。

       こうした会の活動は透明性、整理された情報、会員の活動へ参加によってより充実します。

       透明性、情報、会員の参画に、何よりも必要なものは会員と一体となった交流が基本になります。

       大型の災害が頻発している今日、国・県・市町村との連携が極めて重要となってまいりました。去る5月21日、ライフサポートの第17回通常総会が開催されましたが、今年度の活動方針の中で「広報活動の強化」が重点事項として事業計画の中に位置づけられました。

       相談会、はーとネット、茶話会など会員との交流を、より充実したものにしてまいります。


                       ライフサポート青森
                                 顧問理事 佐藤 立治


                                      

NEWS新着情報

30年8月1日
情報を更新しました。

バナースペース

NPO法人
ライフサポート 青森

〒030-0822
青森市中央一丁目1-20

TEL 017-777-6277
FAX 017-777-6277