本文へスキップ



特定非営利活動法人  ライフサポート 青森

みなさんが笑顔ですごせる老後をサポートします

                           
老後のライフプランを考えましょう


「万が一の時、頼れる親族がいない。家族には迷惑をかけたくない。」  
  当法人にはこのようなご相談が数多く寄せられています。
  人生の後期を自分の意志どおり実行するためには、
  お元気なうちにしっかりと検討し、取り決めをしておくことが重要です。


 
①生活支援 ②身元保証支援 ③葬送支援

  上記の3点を重要視し、個人個人の必要に応じたサポートをしております。

  • NPO法人とは・・・特定非営利活動促進法」により定められた特定非営利活動法人のこと。 市民団体によるボランティア活動をはじめとする社会貢献活動を行う営利を目的としない団体。         
  • ライフサポート青森の目的  
  • 高齢者や障害者の暮らしが守られ、豊かな生活を実現できるよう、身元保証の引受けを軸に、葬儀や相続等の死後事務処理に関する支援や相談等を行うことで、高齢者・障害者の生活を支援し、人権擁護を図るとともに、広く社会福祉の増進に寄与することを目的とします。 (定款より抜粋)
  • 今月のメッセージ                          
    •  会報誌「は~とネット」11月号より

            

          元気なうちに、一歩・また一歩と備えよう

       団塊世代全員が後期高齢を迎える2025年が近づいており、これは「試練の時期」ともよばれています。

       人は、老いて死を迎える日を「病院ではなく生活の場で、自分らしくその日を迎えたいと願っている」といわれます。

       これは出来る限り自らの住まいで最期を迎えることが多くの人の望みであるとのことなのです。

       こうした仕組みを整えるためには、「高齢化をサポートする有効な機能を持つ社会的な組織づくり」が必要です。

       私たちは、この機能を持つ組織「特定非営利活動法人 ライフサポート青森」を2001年に立ち上げました。

       ライフサポート青森の最近の活動について、昨秋「東奥日報紙」がその様子を伝えてくれましたので、その記事を紹介します。

       記事は、高齢化などによって、福祉施設への入所や入院の身元保証などを「遠くの族」ではなく地元のNPO法人に依頼した青森市のKさんの事例で、「身元保証支援サービス事業」をうけたケースです。

       この事業では施設の入所、入院の同意、医師との協議、手術の立会いなどがおこなわれます。必要経費は、契約金、身元保証料、緊急時支援費、生活支援費などとなりますが、事情によりその内容は様々です。Kさんはこのサービスでしっかりと手続きを行い、 不安・心配が軽減されたことに満足出来たと述べています。

       身元保証を行うNPO法人は、県内ではまだ少ない現状で遠方の親戚探しに手間取るうちに身辺の状況が悪くなるケースを避けるため当NPO法人ではお気軽に事務局へご相談くださるようお待ちしています。


                             

                               ライフサポート青森

                                 顧問理事 佐藤 立治

                                      

NEWS新着情報

30年11月1日
情報を更新しました。

バナースペース

NPO法人
ライフサポート 青森

〒030-0822
青森市中央一丁目1-20

TEL 017-777-6277
FAX 017-777-6277